コンピューターを使った正確な位置決めにより、違和感や痛み、発音障害を解消

マウスピース矯正が適さない患者さまには、裏側矯正をご提案しています。マウスピース矯正に比べ、裏側矯正は幅広い症例に対応できます。

裏側矯正

裏側・舌側(ぜっそく)矯正とは、"リンガルブラケット"と呼ばれる装置を歯の裏側から装着して治療する方法です。見た目では矯正中とわからないため、審美性を気にする患者さまに人気です。

また、表側の矯正ではむし歯などで歯の表面にダメージがあった場合、治療終了後に目立ってしまいます。しかし、裏側矯正の場合、その心配がありません。

裏側矯正<裏側矯正のメリット>
・周囲の人に気づかれにくい
・幅広い年齢層の方が装着できる
・表側の矯正とほぼ同じ結果が得られる
・歯の表側のエナメル質へのダメージがない
・口元が出っ張ることがない

<裏側矯正のデメリット>
・装置を装着した直後は発音がしにくい
・費用が比較的高い

【当院のおもな裏側矯正】インコグニト

インコグニトインコグニトとは、ドイツで開発された裏側矯正のシステムです。CAD/CAMを利用して、患者さま一人ひとりの歯の形に合わせてすべてカスタムメイドで装置とワイヤーを作る、今までにない新しい矯正装置です。

患者さま一人ひとりに合わせたカスタムメイドの矯正装置とワイヤーを用いるため、矯正装置が取れてしまうトラブルが起きにくく、従来の裏側矯正装置に比べて違和感が軽減されました。

また、従来の矯正装置はニッケルやコバルトを使用するためアレルギー反応を起こす患者さまがいましたが、ゴールドメタルを使用するため金属アレルギーの心配が少なくなりました。

そのほかにも、歯磨きがきちんとできるためむし歯になりにくく、外から見えないので審美的に優れているといったメリットがあります。

当院では矯正認定医であり、インコグニト認定ドクターである院長が的確に診査・診断を行います。そのため、正確な治療が行われ、理想的な治療結果につながるのです。

【当院のおもな裏側矯正】クリッピーL

クリッピーLクリッピーLは、従来の裏側矯正治療用の装置に比べて、幅・厚みともに半分以下です。全体的に丸みを帯びた形状で、お口の中の違和感にも配慮されており、舌を歯の裏にあてて発音するサ行・タ行・ラ行などの発音にもほとんど支障がありません。

また、これまでよりもスピーディーに歯を動かせるため、治療期間も短縮できます。汚れや歯石も溜まりにくく、一般的な歯ブラシによるお手入れで清潔に保つことができます。

裏側矯正Q&A

Q. 裏側矯正は時間がかかりますか?

A. 「表側の矯正と比べて時間がかかりますか?」とよく聞かれますが
表側の矯正と治療期間は変わりません。歯の動かし方は同じです。 生物学的な歯の動き方は同じですが、物理学的な力のかかり方は表と裏では異なります。装置の特性をよく理解していなければ効率的な矯正治療はできません。ですから当院では、表側でも裏側でも最初に詳しく検査を行い、綿密な治療計画を立てます。それによって無駄な治療期間を費やすことなく、ゴールまで一直線に治療を進めることができるのです。

Q. 裏側矯正ではできない症例はありますか?

A. 表側でできる症例はすべて裏側でもできます。それぞれ装置の特性があるため向き不向きはありますが、それでも裏側でできないことはありません。
裏側矯正の経験・技術のない医院では「時間がかかる」「きれいに治らない」などと言われ、表側を勧められることがあるようですが、当院のドクター特別なトレーニングを積んだ裏側矯正の認定ドクターですので、安心して治療をお任せください。

Q. 裏側矯正は虫歯になりやすいですか?

A. 裏側の装置は表側の装置に比べて歯を覆う面積が大きいので虫歯になりにくいといわれています。そのかわり歯と歯茎の境目部分が空いているのでそこをしっかりブラッシングしないと歯肉炎、歯周病になりやすいです。
表側にしても裏側にしても、虫歯や歯肉炎を防ぐためには歯磨きをよくしていただくことに変わりはありません。通院の間隔は約1か月に1度です。その際には、衛生士がクリーニングをしますが、来院しない残りの29日はご自分で歯磨きをしていただくことがとても大切です。衛生士がご指導しますので、一緒に頑張りましょう

Q. 裏側矯正はしゃべりにくくなりますか?

A. 裏側の装置が舌にあたりますので発音しにくい音が出てくることがあります。
ただし、最初にそのようにご説明しますが、多くの患者様はしばらくすると慣れて気にならなくなるとおっしゃっています。

Q. 管楽器の演奏はできますか?

A. 学校の吹奏楽クラブや趣味で、管楽器を演奏している患者様は当院でもいらっしゃいます。
クラブ活動や趣味で1日2~3時間程度の演奏であれば表側・裏側にかかわらず矯正治療への影響は少ないと思います。ほとんどの患者様が最初は違和感があるが、慣れるとおっしゃっています。
特にトランペット・トロンボーン・ホルン・チューバなどリップリードを使う楽器は裏側の装置ならば、装置が唇にあたらないので影響が少ないといえます。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております